ブログ 商売

マネジメントと損得勘定 (感情)

投稿日:

こんにちは。

BECKのDX (デラックス)です。

 

ビジネスのうえで、「人」の問題はどの中小企業も直面する問題です。

 

 

なるべく「属人化」しないような営業方法や、自動化を推進するような企業も、「人」の問題があるからこそ、そういう舵取りを行うわけで。

 

2人以上で仕事を遂行すれば、もはやそれはチームですし、上司・部下の関係は、仕事のスキルや経験はもちろんですが、「人として○○」という部分が非常に大切になってくるでしょう。

 

 

昨夜、こんな記事を目にしました。

人の気持ちがわからない人の致命的理由3

 

なんかこの記事を読んでいて、ため息が出ました(笑)

 

ボクはこの手の本などは本当に読まないタチで、この記事の内容も、そもそも「損得勘定」が働いている気がして、本質的に変わらない限り、無意味だと思っています。

 

 

「部下にこう伝えれば、部下の心が掴めるかも」とか、部下や周囲に自分を理解してもらう。といった感情は、捨てるべきだと思っています。そもそも、打算的に考えて行動しても、相手はあなた(記事を読んでいる悩めるリーダー) のことをよく見ています。ですから、あなたの本質が変わらない限り、コミュニケーションの量を増やしても、返って逆効果です。

 

 

自分の気持ちを理解してもらう。そうすると、自分が理想とする組織ができる。といった勘定を捨て、仕事に熱を持ち、未来を存分に語り、背中で魅せ、全力で無心で相手にぶつかってみてください。

 

それが習慣化されれば、自分でも気づかないうちに本質が変わり、あなたの周囲にはたくさんの部下、ビジネスパートナーが集まってくるかもしれません。

 

 

 

ではまた!

 

 

【魅せるWeb制作|コンサルティング】
BECK 公式サイト
https://www.beck-dx.com

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」にいいね !しよう

  • この記事を書いた人
デラックス

DX

大手アパレルメーカーを経て2009年に前職の花ひろばオンライン株式会社に入社しECと出会う。 アパレル時代の「接客応対」スタイルをECにも活かせると思い、「魅せるWEB」にこだわる。 同社に在籍した9年間の中で、店長就任1年目で楽天市場店にて月商3000万、自社サイトにて年間流通高1億円を突破させ、その後、同社の売上高を3倍に成長させる。マーケティング、売りたいモノを発信する仕入れ販売戦略、写真撮影、ブログ、HTMLメルマガなどのライティング、コンテンツ制作、人材育成など、中小EC企業の根幹的業務をマルチタスクでこなしてきた幅広い経験と検知から、商材を問わず、特にスタートアップ、月商1000万以降のステージの事業者さまへたくさんのことをお伝えし、一緒に考え、「魅せるWeb」をご提案します。 2016年12月BECK創業。 2018年1月独立 趣味:スポーツ観戦、歌うこと、ホームページ作り、人と話すこと、ファッション 経歴:花ひろばオンライン株式会社 取締役 (2016〜2018) 日本ネット経済新聞賞受賞 2015 / サイトデザイン・ユーザビリティ BECKの由来について・・・ B...Between / 相互価値 E...Education / 教育 C...Customer / 顧客 K...Kindness / 親切心

-ブログ, 商売
-, , , , ,

Copyright© デラックスの視点|DX.view , 2018 All Rights Reserved.